お店ブログ

お客様が求めているものは?

2020/02/13

暖かくなったり、寒くなったりの差が非常に激しいですね^^;

世間では様々な病気が流行していたりと、

体調管理には今まで以上にお気をつけくださいね!!

 

先日、非常に面白い話を目にしました。

早速その内容をお話しさせていただきます(笑)

 

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

とあるホームセンターでの出来事。

お客様は、電動のドリルをお探しでした。

そのお客様に気がついたスタッフは、

近くに行ってお客様に声をかけました。

 

スタッフ「電動ドリルをお探しでしょうか?どのようなドリルをお探しですか?」

そのあと、お客様からの要望を聞いて、

スタッフは一緒にどれがいいかを真剣に考えました。

しかし、なかなかどれがいいのかわかりません。

 

このドリルは、ここが良くて。

こっちのドリルは、こんなこともできます。

 

しかし、お客様はピンとくる様子がありません。

 

そこに、スタッフの上司が通りかかり、声をかけました。

スタッフから事情を聞いた上司は、いくつかお客様に尋ねました。

その質問の答えを聞いた上司は、

すぐにお客様にぴったりのドリルをご案内しました。

お客様は大喜びで帰りました。

 

そのあと、上司はスタッフに尋ねました。

上司「お客様が一番欲しかったものは何だかわかるか?」

スタッフ「いえ、どんなドリルが良かったのかわかりませんでした。」

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・ 

 

さてさて、みなさまは分かりますか?

上司は何をお客様に尋ねたのでしょう?

では、続きをどうぞ。

 

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・ 

上司「お客様が欲しかったものはドリルじゃないんだ。

   穴なんだ。穴を開けたかったんだ。

   だから俺は、どこに、どんな大きさの、どのくらいの深さの穴を

   開けたいのかお客様に聞いたんだ。」

スタッフ「お客様はドリルを買いに来られたのですが、

     それは穴をあけるためですものね。

     ドリルの種類しか頭にありませんでした......」

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

 

これ、本当にどんなことでも当てはまるな、と感じました。

例えば、眼鏡を作りに眼鏡店へ足を運ばれたお客様。

お客様が本当に欲しいのは、

眼鏡ではなく良好な視界

ではないでしょうか?

 

このような、お客様が本当に求めているものを、

しっかり捉え、決してブレないよう、

様々なご案内、ご提供を行うのが本来のプロの仕事ですよね。

 

しっかり意識して、お客様のお話をお伺いしてきましたが、

今まで以上、さらにプロとしてを意識しようと感じられたお話でした。

前回の、コンシェルジュとして、という話をブログに書いたすぐ後に、

こんなぴったりのお話を目にしたので紹介いたしました^^

 

当店は、プロとして、お客様の良好な視界のため最善を尽くします!!

ページ先頭へ